ミルトンのすいとーゴルフ

miltongolf.exblog.jp
ブログトップ

満を持して登場です。

今日の福岡は雨
日曜日の朝はサンデーモーニング:スポーツ御意見番
屋根裏のプロゴルファーことタケ小山プロがゴルフの真髄を解説します。

あっ!今日はタケプロ応援団でゴルフ大好き大宅さんがいます。

↓実際はもっと深いラフ15cm
d0177036_9133587.jpg
明暗を分けたラフでの”スイング”
最終日失速した横峰さくら選手:155cm
2年ぶりメジャーで優勝した三塚選手:172cm
ラフ脱出には身長の差にあった
低:横振り
高:縦振り
アマチュアへのアドバイスは、クラブを開いてラフを切る感じ



あんなラフで日頃プレイすることはないけど、たまたまトーナメント前の
ゴルフ場で経験したラフにすっぽり入ったボール
ローカルルールで6インチ動かして上にふわっと置いてもチョロだった。

飛ばそうと思って力むと飛ばないし、
脱出しようと力まかせに振っても出ない。
グリーンに乗せたくて、目標を見ちゃうとヘッドアップしてボールを捕らえられない
思いが先行すると、何事もうまくいかないのがゴルフ。
14本の道具を使ってやるスポーツ
だからこそ、難しいとも言える。
だって、思い通りにならないもん (>_<)

ANAオープントーナメント
アマチュア伊東選手R3終了時点で、-12トップタイ
同じくトップタイは、K.バーンズ(豪)
伊東選手が165cmでK.バーンズ選手が18?cmでがっつり
無差別級の戦いになりそうです。
柔剛を制す!となって欲しいけど。

で今日の屋根裏
模型、ヘタウマ絵、ビデオの構成でわかりやすい
スタジオの関根さんや大宅さんとの絡みを入れるのは決まり事です。

このコーナーは賞金王争いが近づくと段々熱を帯びてくる
何故なら勝敗の分かれ目はちょっとしたことがきっかけとなるから
おそらく、そのポイントをタケプロは見逃さない!



今日はお昼から
西嶋伊三雄を偲ぶ会
”昭和「あの頃」展を祝う会出席なので、録画しました。
[PR]
by miltongolf | 2011-09-18 09:48 | ファン