ミルトンのすいとーゴルフ

miltongolf.exblog.jp
ブログトップ

タイガー復帰

WGC-Bridgestone Invitational
Firestone Countory Club

BS1で放送開始が5:00
石川選手は昨年の賞金王M.クーチャーとのペアリング
T.ウッズとD.クラークの後の組です。

12番が終了して、石川選手ー3
タイガーは13番が終了して−2
池田選手は午前組で+4ノーバーディで初日を終了
サンクロレラで優勝して乗り込んできましたが、パットが不調みたい。

ファイヤーストーンは木がせり出して、フェアウエイがタイトです。
タイガーはこのコースを得意としています。

予選カットがないので、プレイヤーは4日間じっくり戦える大会です。
ライダーカップポイントの上位と世界ランキング50位以内の選手が中心なので
タイガー中心の進行ですが、画面に映し出される選手がおなじみの選手ばかり。

ラブちゃんが不参加なので、誰を応援しようかな。
まずひとりは、髪をばっさり切って、かなり細身に見える石川選手
赤と黒でコーディネートした、ウエアやベルトなどの小物がおしゃれ。
赤のシューズだと完ぺき!
あとI.ポールターとN.ワトニー選手 構えが好きです。

初日飛び出した選手は、、J.デイにA.スコットのオーストラリア組
ロングパターにして、上位で戦えるようになったA.スコットは見た目違和感がありますが、
プロは勝ってなんぼです。ロングパターにしたら、と助言したコーチも凄いけど、
それを素直に受け入れたA.スコットもグー。雰囲気変わるよね。

ところで、タイガーの膝の様子ですが、
16番モンスターと呼ばれる667Yのドライバーショットを右ラフに打ち込み
その2打目インテンショナルスライスをかけてフェアウエイに戻すショットは圧巻!
だ、だいじょうぶ?
で、3打目ピンに寄らず、実践不足かなと思わせたけど、
長ーいバーディパットを決めて、−2
随所に、タイガーらしさが見えます。

N.ワトニー/−5 ・・・ワトニーには風がスーッと吹くさわやかさがあります。
I.ポールター/+1 ・・・一度も映像に出ず、わかりません
T.ウッズ/−2 ・・・控えめのキャディに落ち着いた感のタイガー、時の流れを感じます。
R.石川/−3 ・・・もう凄いの一言18番とんでもない場所にセカンドを打ち込んで、
         リカバリーショットはコース外から。ダボがパーで終了!って感じです。

どこを切っても、スタープレイヤーのゴルフ選手権
TV観戦はベタな言い方ですが、ほんとワクワクです。


追記:
京都オープン選手権
決勝はプロ76/T35
お疲れさまでした。まっくろくろすけだろうなぁ、プロ!
[PR]
by miltongolf | 2011-08-05 06:03 | 観戦