ミルトンのすいとーゴルフ

miltongolf.exblog.jp
ブログトップ

ゴルフ上達法

今日の会食で渡された一枚のコピー

姉が産經新聞で連載しているコラムのお題が今回「ゴルフ上達法」
産經新聞2011.2.23.より全文

ゴルフ上達法は各人、各様、諸説もある。
私が今まで最も共鳴したのはトランペターの日野照正。
博多の夏を彩る中州まつりで恒例の白熱した演奏でおなじみだし、
コースを共にした福博の面々も多いはずである。
 「まずはいい先生を見つけること。見つけたら全面的に指導に従うのが一番の上達法」だと。
 例えば楽器や歌や他のスポーツは独学でもいつも間にか出来たりするが、
ゴルフは違う。
 口ごたえなど一切せず、先生の教示をひたすら胸に刻み、練習に励む。
「勝手に自己流アレンジしても駄目だよ。上手くなりたきゃ、自我を捨てる。
プライドも捨てる。僕の経験からいえば、これ以外に方法はないね」
 彼の先生は、両人共に40歳を過ぎて知り合ったプロゴルファー青木功。
日野はそれまで一度もゴルフをしたことがなかった。
「テルちゃん、白いボールを追いかけるのは楽しいよ。
思い通りにいかないのがまた面白いんだ」
 勧められ、始めて一年でシングルになった。
基本から習い、教えを守り朝から晩まで一心不乱に練習したから。
 2人は昭和16年生まれの同い年、共に日本でより先に米国で有名になり、
お互い中卒だ、という3つの共通点のために、ひときわ深い友情で結ばれた、
のだそうだ。
 日野は「ゴルフと音楽はどちらもリズムが大切」とも感じている。
 自分の打つ順番になってティーアップに向かうときから、
それは始まっていて一連の流れを。カラダがリズム良く動くように集中する。
 すると打つまでの時間が短くなり全体もスムーズに運ぶから人に
迷惑もかからない、はずだと。(TAKI.ETSUKO:エッセイスト)

って、姉はゴルフはしないのに、ゴルファーと一緒にゴルフ場を歩くのが好き!
門前の小僧とはよく言ったものだ・・・
[PR]
by miltongolf | 2011-02-25 22:12 | フリー