ミルトンのすいとーゴルフ

miltongolf.exblog.jp
ブログトップ

住めば都と言いますが・・・

今の所に住んで22年。
福岡でも特に便利なエリアです。
天神(ここが中心部)まで地下鉄で7分、博多駅13分、空港 19分
福岡ドームまで歩いても行けるし、そばはもう海。車でちょっと走れば山へ。
一番近いゴルフ場で40分、練習場までは5分。
少子化がすすむ中、近くの小学校は1,000人を越え校舎増設中です。

ってことで、今日の読売新聞より
福岡市 住みやすさ世界14位(東京4位、京都23位)

イギリスの情報誌[MONOCLE]が誌面で発表した
世界で住みやすい都市ランキングで福岡市が世界で14位に選ばれました。
空港の利便性や都市機能の充実、住居費が安い
電気自動車普及の施策が行われているらしい?知らないけど・・・
(だって、まだマニュアル車にこだわってるもん)

1位はドイツのミュンヘン
交通の利便性や文化事業への投資、緑が豊かなことが評価
感じのいいバーがある、映画館の座席数が多いなどの観点も
評価の対象らしくて、これはイギリス人の考える住みやすさ?

確かに住みやすいとは思います。
東京、大阪ほど大都市ではないし、箱庭的都市です。

また、市民が芸術に触れやすい環境や
格の高いホテルの必要性に注文がついたそうですが、
芸術に触れやすい環境云々は、現状でも揃っていると思います。
むしろ、市などの援助がないと民間だけでは運営できずCLOSEした
劇団四季、ブルーノート(ビルボード)など
環境には、市民の意識、関心が不可欠かなと感じますね。
(夏の穴場は、福岡市博物館 何故かは想像してみて!)

当時、ブルトーザー市長と揶揄された桑原市長が「都市は劇場だ!」
って建設したのが福岡タワー、福岡市博物館、博多座、ベイサイドプレイス、福岡市総合図書館など
ミソつけたのは、福岡人口島。鳥たちの聖地、和白干潟を埋めちゃいました。
反面今ではこのような施設が市民の財産だし、ランドマークの役割を果たしてますね。

わたしからの注文は、緑が少ないことです。
ちょっと名の知れているけやき通りもほんの800m程度です。
通りの植物は毎年引っこ抜いちゃ植え替えの繰り返し、
戦後65年を経ても大きな樹木がない。
穿った見方をすると、緑化事業は大きな公共事業なのかなと。
予算は年度内に使い切るためではなく、育てる発想に切り替えて欲しい。

って、大層な話になりましたが、MONOCLEがどうであれ
結論は、みなさんと同じ住めば都、この街が大好きってことです。

目の前は、高台にある公園ですが(公園というか森?山?)
詳しく言っちゃうと、ばればれなんでこの辺で終了です。
d0177036_1025433.jpg
[PR]
by miltongolf | 2010-07-29 08:48 | つれづれ